ポジログ

ポジティブに考える毎日。一日一歩着実に。。

復刻デジタルモンスター!

みなさんは"たまごっち"をご存知でしょうか?
たまごっちとは1996年11月23日にバンダイから発売された"キーチェーンゲーム"です。
画面に出てくるたまっごちに餌をあげたり、糞を掃除したりしてたまごっちを育成するゲームでした。
発売当初は大ブームになりましたね!!
たまごっちはどちらかというと女性向け?(私の偏見です。。。)なイメージがありますが、
男性向け?のたまっごちと同等のキーチェーンゲームがあったことを知っている方はいらっしゃいますか?

そう!たまごっちの"デジモン"版です!!
今回の記事はこのデジタルモンスターのキーチェーンゲームが復刻したので買ってみたましたという内容です!

デジタルモンスターって何?

元は1997年にバンダイから発売されたキーチェーンゲームです。
これは、すでに発売されていた"たまごっち"にバトル要素を加えた男の子向けの"戦うたまごっち"をコンセプトとして作られた商品です。
1999年にテレビアニメ化されたことで人気が高まり、カードゲームやテレビゲームなど次々にリリースされシリーズ化しました。
※テレビアニメが最初だと思っていましたが、実際はゲームが先に発売されていたんですね!!

そもそも、デジタルモンスターは"デジタルワールド"に生息する人工知能を持った架空の生命体であり、様々な種類、属性、設定があります。
キーチェーンゲームのデジタルモンスターは、そのデジモンに餌を与えたり、糞を掃除したり育成し、
育てた自慢のデジモンを通信対戦させることができるゲームとなっていました。

どんなゲームだったのか

デジタマと呼ばれるデジモンの卵を選ぶことから始まります。
選んだ卵は数分すると孵化し、デジモンが誕生します。
ちなみに、デジモンは幼年期I -> 幼年期Ⅱ -> 成長期 -> 成熟期 -> 完全体 -> 究極体という進化をしていきます。

誕生したデジモンに餌を与え空腹を満たしてあげたり、適度にトレーニングをさせて筋力を上げたりさせます。
また、糞をするので溜まったら流してあげたりして育成させていきます。
この育成過程がとても大事で、育成次第でデジモンが進化するしない、どんなデジモンに進化するのかに影響を与えます。

例えば糞が溜まった状態を維持したままにしておくと、デジモンはストレスを抱えて弱っていき最終的には死に至る場合もあります。

たまごっちとは異なり、育てたデジモンを通信対戦させることができたため、
自分のデジモンをいかに強く育成するかを考えることが楽しかったのを覚えています。

デジモン20周年記念 復刻デジタルモンスター

2017年で20周年となったデジタルモンスターは20周年の記念として復刻版が発売されています!!

f:id:daphniak:20171108015425p:plain

f:id:daphniak:20171108015439p:plain

今回、復刻されたデジタルモンスターは従来からバージョンアップされ、
今まで1台1体のデジモンを育成することができていましたが、なんと!1台で2体のデジモンを育成することができます!
また、1台で2体同時に育成することができるため"オメガモン"など究極体同士の合体で生まれるデジモン等を作ることができます!!
さらに、記念版ということで様々なカラーバリエーションと初期デジモンの種類が選べるようになっています!

どこで売っている?

店頭販売は行われていませんので、すべて公式サイトからネット予約となります。

digimon.net

20周年記念第一弾を買ってみた感想

掲載している写真の2つを購入しました。

形状は昔のものと変わらないため、非常に懐かしい気持ちを感じました。

最初はアニメでもおなじみの"アグモン"のデジタマを選択し子供のころに戻ったようにワクワクしながら始めました!!

購入して届いたのが休日だったので最初のころはがっつり育成をしていたのですが、平日になり段々とお世話が適当になってしまいまして、
メタルグレイモンまで進化したところで死んでしまいました。
また、途中で2体目も同時に育成し始めたのですが、いつの間にか"ナニモン"になってしまい、いつの間にか死んでしまいました。

よく考えてみると、昔は時間がたっぷりありこまめに成長を見守ることができましたが、
社会人になり、仕事中は一切見ることができないということに気づいてしまいました。

ただ、昔の純粋な気持ちを思い出すという意味では非常に良かったです。
また、ドット絵のゲームも今やってみると味があってハマるなとも思いしたね!

まとめ

社会人は育成するのが中々難しいと思いますが、昔を思い出すという意味ではおすすめです!!
2台買ってお子さんがいる方は一緒に遊ぶツールとして活用するのも良いかなと思います!

以上!